【しも注意】ひさびさに焦った

※お食事時は読むのをおやめください

おっさんになると焦ることって少なくなりますよね。

人間ドックが近々あるもんで、う◯こを取ろうとしたら思いのほかたっぷり出まして。

最近はブツが水面に沈まないように紙を敷くじゃないですか。めっちゃご丁寧に先方がご用意くださって。

ちょっと削るくらいの量でいいはずなのになぁと空気読めない自分の身体をちょっぴり可愛く思いながら、作業をひとしきり終えました。

大物にさよならしようとコックを捻りました。

うすうす危険を感じてたんで、「小」をね、僕は選択したわけですよ。

だてに人生経験積んでない。

あれ!?

あれ!?

まんまとつまりやがって、みるみる水面が上がってくるじゃないですか!

ああああああぁぁぁぁっ

とまらないっ

なぜだ!?

小を選択したのに!小出しにするつもりだったのに!

すーっと血の気が引いていくのがわかります。

あわわ!とまれ!

とまれえええぇぇぇ!!!

実は昔実家で溢れさせたことが何度かありまして。

その時のトラウマが蘇ってきたんです。

機転をきかせ目の前にあったブラシをさっと掴み、ゴゴゴと分解してことなきをえましたが、ここのマンションで溢れたらどうなるんだろ・・(実家は戸建)

一定の水準を超えると小でもコントロール不能になりやがります。

皆さまほんとお気をつけください・・・。