祝 Adobe Illustrator 30周年

Adobe Illustratorが30周年とのこと。

https://blogs.adobe.com/creativestation/dtp-illustrator-anniversary-30

 

スタッフの方々に心からお祝いと感謝を申し上げます。

今まで僕が飯を食べてこれたのは、間違いなくIllustratorのおかげです。

 

WebやモバイルなどのデザインではSketchが流行ってきているようですが、印刷系のCMYKのファイルを扱う、日本語フォントを安心して扱うなどを考えると代替えアプリケーションはまだまだ出てきていないように思えます。

リアルに目にする印刷物はほとんどIllustratorで作られているのではないでしょうか。ここまで影響力があるアプリケーションは過去にもなかなか無いと思います。

まだまだ世界に大きな影響を与えるIllustrator。ますますの発展を祈っております。

 

ここで、最後に勝手ながら2つほどAdobeさんにお願いがございます。

一つ目:

今後のユーザー拡大のためにも、月980円でPhotoshopを使用できる「フォトプラン」と同じようなものとして「イラストプラン」を作りIllustratorを同様の価格で使えるようにしてほしいです。(Lightroomの代わりとしてAdobe Animateとバンドルなんていかがでしょう Unityも無料化してますし)

または、「デザイナープラン」としてPhotoshop+Illustratorの二大製品で月1,980円くらいでご提供いただければグッとユーザー層も広がると思います!

 

二つ目:

バグをつぶしてサクサク動く過去バージョンをリニューアルで提供していただきたいです。

バージョンが新しくなり、機能が増えていくのは良いことだと僕も思います。ですが、仕事で使うものとして、より安定して使い慣れた機能だけでOK、そんな製品を求めている人間もいるということです。

ドラクエもFFも過去の作品をリニューアルして発売してヒットしています。制作ソフトだって同じことが起きるやもしれません。

より前衛的な最新の機能を盛り込んだCC、機能を絞り込んでサクサク安定動作を目指したリニューアルCSバージョン。そんな製品があったらますますユーザーは御社の技術力とユーザーへ対する安心感に信頼度をアップすることでしょう!

 

最後に勝手なことを書いてしまいましたが、この度は本当に30周年おめでとうございます!これからも僕はIllustratorと共に歩んでいきます。

祝 Illustrator 30周年!